手首の使い方や返し方

Pocket

スポーツには、沢山の部分を鍛えることが必要になってきますが、ゴルフでは特に細かいコントロールを求められることになります。
コントロールや飛距離の強弱など計算されたスポーツがゴルフというスポーツですから、細かい計算と体の使い方を求められます。
ゴルフでは、この点が大きく影響するスポーツであり、これが重要となるスポーツですから、練習に練習を重ねなくてはなりません。
ドライバーのように飛距離をだす場合もですが、近い場所にコントロール良くボールを運ぶ際にも手首が肝心となる場合もあります。
手首の使い方一つで、改善される悪い例も沢山あります。
手首を使わないから悪い方向へ飛んでしまったり、手首ばかりを使ってしまったことで悪い様になってしまうなどがあります。
細かい部分ではありますが、この小さなことでゴルフでの大きな違いがでてきます。
スコアに出ることは大きなちがいとなりますが、特に小さなコントロールは大きな違いになるでしょう。
アプローチの時には、比較的大きな影響になります。
目的の場所にどれだけ近づけるかは大きなカギとなります。
とはいうものの、インパクト時には、手首の返しは禁物であります。
手首の返しというよりも、手首をどの位置で固定しておくのかがキーとなるでしょう。
その固定位置からのスイングによって、体の回転に合わせた手首の返しが理想的だといえます。
手首を意識するというよりも、体の流れ方に合わせた返しを意識してみましょう。

コメントは受け付けていません。