ドラコンドライバー

Pocket

ドラコンドライバーでは、ドラコンの第一人者でドラコン日本一に何度も輝いている山田勉プロ独自の飛距離アップ法を紹介しています。

石川遼よりも飛ばしたゴルフスイングを公開!

ゴルフドラコン日本一の山田勉プロの飛距離アップ法です。

突然ですが、あなたは今、

「いくら練習しても飛距離が一向に伸びない・・・」
「もっと楽にボールが真っ直ぐ遠くへ飛んでくれたら・・・」

と、悩んでいませんか?

実は、非力なアマチュアゴルファーでも「あるスイング法」を取り入れることで、軽く30ヤードは飛距離が伸びる方法があります。

実際、山田勉プロはこのスイング法を使い、2011年ゴルフドラコン日本一決定戦で石川遼選手よりも飛ばし、4位になりました。

まずは、その「ある打法」を実践した方たちの声をご覧下さい。

ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム

飛ばしの秘密の全て

今回、その飛ばしの秘密の全てがありのままに公開されました。

飛ばすスイングというのは、けして難しいものではありません。

アマチュアゴルファーでも簡単にプロの方法をマネできます。

ぜひ、そのことを知ってください。

そして、山田勉プロの方法を試して、あなたも早く飛距離が伸びない悩みから解放されてください。

簡単に30ヤード飛距離が伸びる「ある打法」とは?

それは、おおまかに次の3ステップだけです。

飛距離アップのための3つのステップ

【1】今すぐ始められる「ある打法」を使い、飛ばしのコツを覚える
【2】次に、ある打法と合わせて7つのポイントを実践する
【3】そして、30ヤード飛距離アップを体感する!

たったこれだけです。

このステップを実践するだけで、これまで523人ものアマチュアゴルファーが早い人で3分、遅い人でも25日で30ヤード以上飛距離が伸びたのです。

もちろん、腰など体に負担のかかる方法ではなく、むしろ体に負担のかからない方法ですので安心してください。

結局のところ、ボールを効率よく遠くへ飛ばすためにはこの単純な3ステップを知っているか、いないか。

それだけです。

真っ直ぐな弾道に変わる効果的な飛距離アップ法

“ある打法”さえ掴めば飛距離が面白いように伸び、しかもスライスやフックが激減し、真っ直ぐな弾道に変わる効果的な飛距離アップ法です。

「もう年だから…」
「背が低いから…」
「センスがない…」
「クラブが悪い…」

などの不安は、今後一切不要です。

ドライバーが大の苦手というあなたにぴったりの、石川遼選手よりも飛ばした“スイングの秘密”が全て伝授されます。

ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム

最近の成績

山田勉プロは、22歳からゴルフを始め、2005年と2007年のドラコン大会でドラコン日本一を勝ち取りました。

現在もゴルフダイジェスト社やLDJ主催のドラコン大会などで優勝し続けています。

・2018.7.20 LDJ ドラコン日本大会シニア部門優勝!世界大会出場!
(記録:347ヤード、水戸レイクスカントリークラブ)

・2018.6.9ドラコンゴルフダイジェストスーパーシニアディビジョン・シニアデビジョン W優勝!(記録:305ヤード・292ヤード、三鈴カントリー倶楽部)

・2018.4.21ドラコンLDJオープン部門 優勝!(記録:317ヤード、中伊豆グリーンクラブ)

・2019.6.16ゴルフダイジェストマスターズディビジョン 優勝!(記録:320ヤード、東名CC)

・2019.7.6ゴルフダイジェストシニアディビジョン優勝!(記録:353ヤード、ボボスカントリークラブ久慈川コース)

100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム


100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム

コメントは受け付けていません。