体の使い方

Pocket

スポーツには、必ずといって良いほどに体の使い方があります。
走るスポーツには、下半身を鍛えることや下半身のバランスを維持するための上半身の筋力も必要になったり、投げたり打ったりするスポーツには、腰や肩などの筋力が必要になったりと色々なバランスが必要になるでしょう。
今回紹介するゴルフにも同じことが言えます。
ゴルフは体全身を使う競技ですから、なかなか過酷で特殊なトレーニングをすることが重要になってきます。
上半身はクラブを上手に扱う為のバランスと筋力が必要になるでしょう。
その上半身を支える為の下半身も重要になってきます。
足腰の筋力は非常に重要で、上半身を使うスイングとお思いでしょうが、下半身あってのドライバーの飛距離でもありますし、ボールのコントロールをするためのことにも下半身が大切になります。
どっしりと構え下半身で加重移動することで、上半身の筋力やバランスが生かされてきますから、ゴルフは全身を鍛える必要があると言えるでしょう。
鍛える箇所に関しては、野球に近いともいえるでしょう。
投げることや打つことに近いトレーニングといえます。
ゴルフスイングと、野球のボールを打つスイング、ボールを投げるフォームを創造してみてください。
わかる方はすでにお分かりではないでしょうか。
非常に近い動きとなりますから、似たトレーニングとなってきます。
ボールを打つスポーツに関しては、沢山の部分を使うことになってきます。

コメントは受け付けていません。