ドライバーの練習

Pocket

ゴルフ初心者の多くがドライバーのスライスで悩んでいます。
しかし、初心者はドライバーだけがうまく行かないわけではないでしょう。
ただ、ドライバーは一番使う機会が多いクラブです。
ドライバーのスライスが目立ってしまうのでしょう。
何故ドライバーでスライスが出やすいのでしょうか。
それは飛距離を出すために強く振りぬこうとするからです。
どうしてもボールの芯にクラブを当てることが難しいのです。
それを初心者が自分で見つけることは簡単ではありません。
上級者や練習場でアドバイスをしてもらうことから始めなければなりません。
まずはアドレス時の体勢を再確認しましょう。
体の芯よりもボールが前にあると、スライスになりやすい打ち方です。
打ち方を矯正することができれば、スライスから解放されるでしょう。
体を動かすことも重要ですが、頭の中でしっかりとイメージを作り上げましょう。
自分がどのような打ち方をしているかイメージするのです。
ドライバーでボールの真ん中を打ってください。
まっすぐの軌道をボールが飛んでいくことでしょう。
もちろん、スライスすることはありません。
スライスしなければ飛距離は確実に伸びるはずです。
ドライバーが難しいと感じている人は少なくありません。
一般的に考えて、ゴルフは簡単そうで難しいのです。
その一番がドライバーなのです。
ドライバーを使用しないゴルフはありません。
どうしてもドライバーの問題をクリアしなければならないのです。
自分の欠点を克服する方法を見つけ出すことが上達への道です。

コメントは受け付けていません。