スイング方法

Pocket

ゴルフは、ボールを飛ばす競技です。
ただ単に遠くへ飛ばすだけの競技ではありません。
ゴルフカップにカップインするまでの競技となりますから、ショット回数やコントロール、飛距離などの総合的な計算も競技の楽しみであり、難しい所でもあります。
ゴルフには、これだけの特徴がありますから、繊細で特殊なスポーツといえるでしょう。
とにかくスイングは大切で、正しいスイングを身に着けておかないと、まっすぐボールを飛ばすことすらできません。
正しいスイングとインパクトの瞬間を正確にとらえることをしないと、正確なショットができません。
スイングの際には、これらのことに注意してスイングをすることになります。
確実にボールをとらえる為には、クラブの握り方から考える必要があります。
握りを確実にできるようにしておかないと、綺麗なインパクトは実現しません。
飛距離もでませんが、方向も定まらないことになります。
多く起こるのが、ダフリとなったりトップするなどのミスショットとなります。
つまりは、スイングをするためには、綺麗なスイングをするためにきちんとした握りを再現しないとスイングができないだけでなく、ボールの上をたたいたりと、ボールを空へ舞い上げることすらできません。
その握りを含めスイングで気を付けたいのが、前傾角度や重心の位置、ボールの位置などもポイントとなってきます。
これらすべてがクラブとボールとのインパクトに大きくかかわってきます。
前準備が沢山あるスポーツですね。

コメントは受け付けていません。