ゴルフホールの維持管理

Pocket

ゴルフ場は一人で使うものではありません。
大勢で使うものです。
プロゴルファーが大会にでも出ているのなら気にしなくていいかもしれませんが、アマチュアのプレイヤーが普通にゴルフ場でゴルフをしているだけの場合、たとえばバンカーをめちゃくちゃに荒らした状態のまま先に進んでしまうと、後続の組(ふつう、ゴルフ場では多くの組が連続して各ホールを進んでいきます)の誰かが、その状態のバンカーでプレイしなければならない羽目になります。
こういった事態を避けるため、ゴルフのホールの扱いについて、やはりさまざまなマナーがあります。
まず、ゴルフ場のフェアゾーン内の芝、
これをターフと言うのですが、基本的には傷つけてはいけません。
そうはいっても下手なプレイヤーがスィングに失敗してターフをざっくり削り取ることはままあることで、これはどうしようもありませんが、問題は素振りです。
素振りでターフを削るのもマナー違反ですので、まずターフ上で素振りをすること自体をやめましょう。
わざとターフを削る素振りをするなどは言語道断の沙汰です。
やむを得ずターフを削ってしまった場合、もとに戻して、靴で踏んで固めておきましょう。
元にも戻せない状態の場合、埋めておくための砂がゴルフカートに積んでありますので、それを使って地ならしをしてください。
バンカーも意外と傷がつきやすいので、バンカーに入るときは、上から飛び降りたりせず、低くなっている位置から入り、砂場を荒らさないため、出るときもなるべく同じところを通って出るようにしましょう。
また、ボールをバンカーから出し終わったら(※ボールが残ってるときにやると反則ですので注意)、レーキ(これもカートに積んであります)で砂地を馴らしてから出るのも大切なマナーです。

コメントは受け付けていません。