ゴルフの最低限のマナー

Pocket

ゴルフは紳士淑女のスポーツです。
ゴルフを始めるにあたって、最初にするべきことは、試しにゴルフ場に行ってみることでもなく、クラブを手に入れることでもなく、打ちっ放しで一人で練習をすることでもなく、最低限の、ゴルフをするにあたって誰もが知らなければならない、基本的なマナーを理解することです。
ゴルフは審判の存在しないスポーツです。
マナーを守らないからと言ってプレイに参加できなくなるということはありませんが、同行するプレイヤーに不愉快な印象を与えることは、下手なプレイをするより、またうますぎるプレイをするより、はるかにやってはいけないことです。
まず、服装の問題があります。
ゴルフコースは、スポーツクラブではなく、社交の場である、と心得てください。
Tシャツでコースに降りてはいけません。
必ず、襟のあるポロシャツを着るのがマナーです。
また、ジーンズも適切でなく、スラックスが求められます。
女性の場合も、襟付き、袖付きの服を着なくてはいけません。
次に、「自分のゲームに夢中になりすぎないこと」です。
ゴルフは基本的に、成績は自己申告するものですからワンプレイごとに他人のジャッジなどなく、一人でゲームを進めていくことのできる性質のものなのですが、だからといって一人で勝手にどんどん先へ進んではいけません。
みんなで使うカートがありますので、それが居るべき場所の基本になります。
ほどほどに進んだら、基本的にはそのとき一番先にボールを飛ばしているプレイヤーが、カートを運転していかなければならないのです。

コメントは受け付けていません。