ドラコンのカラクリを実際に検証してみた


おはようございます
よくティーショットした後にティーが後ろに飛んだら「おぉぉぉ!プロ見たい!」なんて会話をきいたりします。
実際はティーは飛んだ方が良いとか悪いとかはありませんがプロの方はアッパーでインパクトするので殆どの選手が飛ばない事が多いです。
それとややソール目でわざと打って回転数を上げてサイドスピンを減らしたいという選手もおられます。もう一つは昔のヘッドと今のヘッドの体積の違いもあるでしょう
では一般的にはどちらがよいのでしょうか?私はビギナーの方にはティーを飛ぶようにレッスンをします理由は簡単でほとんどの方がトップのミスショットが多いからです
それとティーが飛ぶと言う事は画像のようにクラウン(フェースの上部)よりにあたるので高弾道低スピンになりアイアンのフライヤー現象に似ているので下部にあたるより良く飛びます

ちなみに下部にあたると!
低段高スピンになり低く飛び出しかっこよく上昇しますが、ストンと落ちてくるので曲がりにくいが飛びにくいという状況です。
ドラコン選手などはルールマックスの4インチのティーを使い超アッパーに打つ事が主流です
結論から言うとティーは芯で打つと飛びやすいと思います。竹林さんの激芯でショットするのとヒール下でショットするのでは30ヤード以上飛距離に違いがでるので打点位置にもこだわって練習してみたいものです

今日も皆様にとってより良い一日でありますように

ドラコンの最安値を楽天でリサーチ