第一次産業のことを考えるとドラコンについて認めざるを得ない俺がいる



ドラコンのことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。