ドラコンという商品について



結局最後に笑うのはドラコンだろう