石川遼よりも飛ばしたゴルフスイングを公開!


2005年ゴルフドラコン日本一の山田勉です。

突然ですが、あなたは今、

「いくら練習しても飛距離が一向に伸びない・・・」
「もっと楽にボールが真っ直ぐ遠くへ飛んでくれたら・・・」

と、悩んでいませんか?

実は、非力なアマチュアゴルファーでも「あるスイング法」
を取り入れることで、軽く30ヤードは飛距離が伸びる方法があります。

実際、私はこのスイング法を使い、2011年ゴルフドラコン
日本一決定戦で石川遼選手よりも飛ばし、4位になりました。

まずは、その「ある打法」を実践した方たちの声をご覧下さい。


このスイング法の効果は明らかです。

実際、私自身このスイング法を使い、22歳からゴルフを始めた
にもかかわらず、2005年と2007年のドラコン大会で
ドラコン日本一になったからです。


今回その飛ばしの秘密の全てを
ありのままに公開することにしました。


飛ばすスイングというのは、けして難しいものではありません。

アマチュアゴルファーでも簡単にプロの方法をマネできるです。

ぜひ、そのことをあなたに知っていただきたい。

そして私の方法を試して、あなたも早く飛距離が
伸びない悩みから解放されてください。


簡単に30ヤード飛距離が伸びる「ある打法」とはいったい何なのか?

それは、おおまかに言いますと次の3ステップだけです。

●飛距離アップのための3つのステップ●

【1】今すぐ始められる「ある打法」を使い飛ばしのコツを覚える

【2】次に、ある打法と合わせて7つのポイントを実践する

【3】そして、30ヤード飛距離アップを体感する!


たったこれだけです。
このステップを実践していただくだけで、

これまで523人ものアマチュアゴルファーが早い人で3分、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
遅い人でも25日で30ヤード以上飛距離が伸びたのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もちろん、腰など体に負担のかかる方法ではなく、
むしろ体に負担のかからない方法ですのでご安心ください。

結局のところ、ボールを効率よく遠くへ飛ばすためには
この単純な3ステップを知っているか、いないか。

それだけなのです。


“ある打法”さえ掴めば飛距離が面白いように伸び、しかもスライスや
フックが激減し、真っ直ぐな弾道に変わる効果的な飛距離アップ法なのです。

「もう年だから…」
「背が低いから…」
「センスがない…」
「クラブが悪い…」

などの不安は今後一切不要です。

ドライバーが大の苦手というあなたに、石川遼選手よりも
飛ばした“スイングの秘密”を全て伝授します。