ゴルフが上達しないと悩んでいる人は少なくありません。

第1打のドライバーでうまく行っても、その後が続かない人もいます。

逆に第1打目で飛ばすことができないためにスコアが伸びない人もいるのです。

それぞれが自分の打ち方の欠点を自覚していながら、改善できずに悩んでいます。

プロでさえも思った通りに打つことができないのですから、初心者が打てなくても当たり前でしょう。

ドライバーで打てないボールを打てるように練習すること、頭の中で考えることがゴルフの魅力と言えるのかもしれません。

打ち方の基本は変わりません。

しかし、それが自分に合った方法なのかを確認することです。

そのための練習です。

人から教えてもらった通りにするのではなく、そのアドバイスをポイントにして自分なりに合わせることが大切です。

ゴルフが面白いと思っている人は、その時のショットが気持ちよいと思えるのでしょう。

無理な姿勢で打つのではなく、自然な打ち方でのスイングが重要です。

その上で、インパクトの上体を安定させます。

ゴルフの教本に書かれていることを忠実に実行してください。

ゴルフに関する悩みは尽きません。

どんなにうまくなっても、それ以上の悩みがあるのです。

それは初心者でもプロでも同じことです。

悩みのレベルは違うかもしれませんが、ちょっとした変化がプレイに表れることは同じです。

悩むだけでは、それは簡単に解決できません。

練習を通して、体が覚えることが大切と言えるのでしょう。

ゴルフが楽しくなってきました。