ゴルフのクラブ毎の打ち方の違いを説明しましょう。

まず、クラブは14本まで持つことができます。

初心者の場合は基本的なクラブだけでいいでしょうから、10本を超えることはないでしょう。

状況に合わせてクラブを選ぶのです。

第1打目に使用するのがドライバーです。

一番飛距離が出るように設計されています。

飛距離が出ると言うことはシャフトが長くなっていることを意味します。

そのため打ち方が難しくなります。

短い方が思ったように打てるのです。

短い距離であればパターなどを使います。

ちょこんと当てて転がすシーンを見ることがあるでしょう。

ドライバーの打ち方が難しいのは、前述のとおりシャフトが長いからですが、遠くに飛ばそうとするとどうしてもドライバーを選択することになります。

上手く飛ばすことができなければ、ドライバー以外のフェアウェイウッドを使用してもいいでしょう。

自分に合ったクラブを選べばいいのです。

クラブの違いでどのように飛び方が違うかは自分の体で覚えなければなりません。

それが練習と言うことになります。

クラブには番号が付いており、番号が大きくなれば短い距離用となります。

ドライバーで遠くに飛ばそうとして、見当違いのところに打ってしまうよりも、短くコースの真ん中に集める方がいいかもしれません。

どのようなゴルフをするかは人それぞれです。

打つ前からいろいろと考えることがゴルフの楽しみの一つでもあります。

寝ながらゴルフコースを回っている状況を思い描きましょう。

いい夢が見られるでしょう。