ゴルフの道具はどれでも同じと思っている人もいるでしょうが、実際に打ってみるとその違いがわかります。

クラブの中でもドライバーは一番力を入れて遠くまで飛ばすためのクラブです。

ちょっとしたスイングの違いがボールに伝わってしまいます。

ただ、新品を購入する必要はなく中古でも十分使えます。

インターネットの中古ドライバーサイトを見てみましょう。

たくさんドライバーが掲載されています。

価格は幅がありますから、自分の予算に合わせて選ぶことが大切です。

ドライバーはどれでも同じと言うわけではありません。

長さ、ヘッドの重量、ロフト角を確認しなければなりません。

ちょっとした違いがボールの飛び方に影響するため、ドライバーの打ち方は難しいのです。

中古ドライバーを購入したら、しっかりと練習しましょう。

自分の腕の一部になってしまえばベストですが、それは簡単なことではありません。

シャフトが長くなると、その先端を思い通りに振ることが難しくなります。

ボールを芯でとらえなければまっすぐに飛んでくれません。

打ち方が悪くてスライスしてしまう人が多いのはそのためです。

アドレスをしたら、スムーズにバックスイングして、インパクトの瞬間も体幹がぶれないようにします。

ボールの中心を思いっきり叩くことができれば、面白いように飛んでいきます。

メーカーは多少のミスショットでも回転がかからないような工夫が施されています。

初心者向けのドライバーと上級者向けのドライバーは違います。

ただ、あまり気にする必要はないでしょう。