これからゴルフを始めるなら、まずは道具をそろえることからでしょう。

ただ、ゴルフの場合、数種類のクラブが必要です。

ドライバーでもいろいろなサイズがあり打ち方も違いますから、打ってみて自分に合ったクラブを選ぶことが大切です。

ドライバーは一番シャフトが長く、ヘッドも重くなっています。

飛距離が出るように作られているのです。

ヘッドが重ければ、安定して振り抜くためには力が必要です。

自分の力を考えてクラブを選ぶのです。

インターネットでは中古ドライバーの通販なども行われています。

いろいろと探してみてはどうでしょうか。

ロフト角のちょっとした違いが打ち方にどのように影響するかは頭で理解するよりも打ってみた方が簡単です。

また、シャフトの長さは体格と腕の長さに合わせて選ばなければなりません。

中古通販サイトでは1万円前後でドライバーが売られています。

価格的には手ごろです。

練習場などでレンタルして、それで打ってみましょう。

違いを実感するのです。

そして、自分のドライバーを購入したら、練習あるのみです。

理論的なことだけではゴルフは上達しません。

迷わずに振り抜けることができればそれで初心者卒業となるでしょう。

ドライバーは遠くまで飛ばすことができますが、それだけ難しいクラブでもあります。

重要な第1打目で、スコアが決まると考える人もいるほどです。

必要以上にプレッシャーを感じないようにします。

精神的な動揺がボールに伝わってしまうのです。

そこがゴルフの面白さでもあります。