インターネットでドライバーの情報を探してみましょう。

プロが教えているサイトもたくさんあります。

もちろん、基本的なことは同じです。

ただ、人それぞれにやり方が少しずつ違います。

自分にしっくり合った打ち方を見つけることが難しいのでしょう。

体格、腕の長さ、指の長さなど一人一人違います。

プロから教えてもらえる練習場もあります。

インターネットで読むことができる情報の多くは、その信ぴょう性に欠けると言われています。

確かに個人的な知識だけで書かれているサイトが多いからです。

しかし、ゴルフに関する情報は多くのプロが書いていますから、内容は充実していることでしょう。

書かれていることは正しいのですが、その通りに自分のスイングができているかを考えなければなりません。

プロがプロとしてやっていける理由は書かれていることをその通りにできるからです。

あなたが同じようにできるならプロになってしまうことでしょう。

練習でやっているスイングと実際のコース上での打ち方は微妙に違います。

コースで練習通りにできなければスコアはよくならないのです。

本当にゴルフは奥が深いと思いませんか。

精神的な動揺がそのまま打ち方に表れてしまいます。

常に同じスタンスで打てることがプロとしての条件です。

一度うまくドライバーで飛ばすことができたならば、その感覚を忘れないようにしてください。

同じ打ち方をするのです。

ただ、ゴルフはやはり面白いでしょう。

毎回、違ったボールの飛び方になります。