ドライバーの打ち方が難しいのは飛距離を出そうと強く打つためですが、クラブのシャフトが長くなっていることも原因の一つです。

長いクラブは腕とボールが当たるヘッドまでの距離が長いことになり、指のちょっとしたずれがインパクトを大きく変えてしまうことになるのです。

ドライバーの基本的な打ち方は両腕のVラインを意識して、しっかりと振り抜くことです。

無理して遠くに飛ばそうとする必要はありません。

ドライバーがボールを運んでくれます。

また、インパクトの瞬間に上体が開いてしまう人が多いのですが、これがスライスの原因となります。

スライスするとボールはまっすぐ飛んでくれません。

フェアウェイをキープすることがスコアを伸ばすことにつながります。

日頃から練習をしている人は、このような基本的なことはわかっているはずです。

それでもコースに出るとうまく打てません。

もちろん、プレッシャーなどもあるでしょう。

頭で理解したことが自然とできるようになるには苦労するのです。

ドライバーの打ち方がインターネットにたくさん掲載されているのは、多くの人が悩んでいるからです。

初心者は知人から打ち方を教えてもらうことでしょう。

しかし、人それぞれに自分の打ち方をしています。

すべてが正しいわけではありません。

自分が打ちやすい方法を探してください。

気持ちよく振ることができるスタイルを忘れないことでしょう。

初心者が中級者になるまでには何年もかかるようです。

それでもゴルフは楽しいと思えることが大切です。