ゴルフはコツさえつかめばある程度までは上達します。

ただ、そのコツをつかむことが難しいのです。

ドライバーの打ち方も同じです。

プロのスイングを見ると、簡単に打っているように見えます。

しかし、一般の人が打つと曲がって変な所へ飛んで行ってしまいます。

ドライバーの打ち方はインターネットで検索するとたくさん出てきます。

何故、多くの人がコツを提供しているのでしょうか。

それは、読んでもすぐにはマスターできないからです。

頭でイメージしたことがそのまま打ち方にできれば、ゴルフは簡単にできるでしょう。

もちろん、練習をしっかりとしておかなければなりません。

打ちっぱなしで何度も打ってみてください。

毎日、仕事帰りに練習している人もいるでしょう。

ドライバーのコツを知ることは頭で考えるのではなく、体で身に付けることなのです。

ドライバーの打ち方は基本があります。

その基本に忠実に打つことができれば、パーフェクトなのです。

難しいと思うのは基本のことを理解していないからでしょう。

指の握り方、クラブの構え方、スイングの方法など、コツはたくさんあります。

これらをすべてうまくやろうと考えるために、ちぐはぐな打ち方になるのでしょう。

練習では、一部分だけを集中して練習しましょう。

一つ一つをクリアしていけば、いずれドライバーで遠くまで飛ばすことができるようになります。

それが、ゴルフ上達の近道です。

ボールの芯を叩くようにしてください。

それができればスライスせずに飛んでいきます。