ゴルフではいろいろなクラブを使用します。

状況に応じて打ちやすいクラブが準備されています。

ドライバーはティーショットに使用することが多く、遠くに飛ばすことが重要です。

何となく打っても遠くには飛びません。

簡単そうで、多くの人が悩んでいるのがドライバーの打ち方と言えます。

一番多い失敗はスライスすることです。

回転がかかりすぎ、まっすぐ飛んでくれません。

初心者の時はゴルフ教室などで基本をマスターすることを考えてください。

もちろん、上級者になってもその日の調子によって打ち方が悪くなってしまうことはあります。

ゴルフは精神力のスポーツだと言われているのはこのためです。

自分でも気づかないほどのちょっとしたずれがボールに伝わってしまいます。

ドライバーの打ち方は基本に忠実に振りぬくことです。

そうは言っても、思った通りに打てないところが難しいところでしょう。

練習を重ねることが重要です。

素振りよりもボールを打つ機会を持ちましょう。

インターネットではドライバーの打ち方に関する情報がたくさんあります。

動画もあるでしょう。

それらを参考にしながら、自分がどのような打ち方をしているか考えてください。

ボールがスライスするのは、打点が芯からずれているためです。

何故ずれるのかをしっかり考えましょう。

自分のスイングをビデオに撮ってもらって、それを見て振り返ってください。

ドライバーできれいに打つことができればそれだけで十分です。

きっと、多くの人がマスターしてきたことでしょう。