ゴルフを楽しみたいと思うなら、ある程度の基本をマスターしておかなければなりません。

自分が思った通りにボールが飛んでくれないと、楽しむはずが大きなストレスとなってしまうことでしょう。

そこでゴルフ上達のポイントを紹介しましょう。

第1打目はドライバーで打ちます。

ドライバーの打ち方をしっかり体で覚えましょう。

インターネットなどの情報では打ち方は教える人によって少しずつ違います。

それはその人に合った打ち方だからです。

つまり、あなたにはあなただけの打ち方があるのです。

わかりやすく言えば、自然にスイングができて気持ちよく打っている状態がベストと言うことです。

体の軸となる背骨がぐらついていないかチェックしましょう。

体の回転、ひじの角度など注意すべき点はたくさんあります。

それらすべてをチェックするのは大変ですから、一つずつ確認してください。

アドレスしてから、ゆっくりとバックスイングをしてください。

左腕が自然に上がりますか。

両腕のVラインを意識します。

Vラインが崩れないようにできれば、それで半分以上マスターしたと言えるでしょう。

後は、インパクトです。

ボールに当たる瞬間に上体が開いてしまう人が少なくありません。

ボールはスライスしていくことでしょう。

このような説明はネットだけではなく、ゴルフの教本にも書かれているはずです。

しかし、多くの人は頭では理解できても動作が伴いません。

みんな悩んでいるのです。

練習することが上達への道です。

近道はありません。