パワーのある人が遠くまでボールを飛ばせると思いっている人も多いようですが、ゴルフは遠くに飛ばすだけではだめです。

思ったところに飛ばすことが大切だからです。

ドライバーの打ち方は難しくありません。

きれいなスイングをすれば、後はドライバーがボールを運んでくれます。

もちろん、力を入れて振ることが大切ですが、妙なところに力が入り過ぎてスイングがぶれてしまうことの方が多いのです。

毎日練習をしているプロでもそうなのですから、一般の人にとってドライバーは難しいと感じられることでしょう。

ドライバーとパワーは全く関係ないわけではないですが、強く意識すべきではないのです。

メーカーによってドライバーの作り方が微妙に違います。

それは打つ人のことを考えているからです。

ロフト角が違えば、飛んでいく高さが違います。

しかし、人によって癖がありますから、自分の癖に合わせて角度をつければいいのです。

ドライバーでの打ち方が難しいのではなく、第1打の影響が大きいのがゴルフだからです。

力を付けた方が飛ぶことは間違いないですが、それだけではだめだと言うことです。

そのことを理解するために違ったドライバーで試してみるといいでしょう。

中古ドライバーはたくさん販売されていますが、それぞれは微妙に違うのです。

力を入れなくても自然と飛ばせるようにならなければなりません。

それが上達すると言うことです。

何度も打っていれば感覚的につかめるものがあるでしょう。