ゴルフスイングをどうすれば確実にうまく打つことができるのでしょうか。
ゴルフのプロも指導者も昔からいろいろなことを考えてきました。
それがゴルフスイング理論と呼ばれるものです。
もちろん、完全に万能であるわけではありません。
また、理論通りのゴルフスイングをするためにはたくさんの練習をしなければなりません。
初心者には理論を理解することで大変です。
初心者には理論の基本的な部分だけを説明して、後は実際のスイングを見て指導するのが一般的ですね。
ゴルフスイングの理論は誰にでもできることを示しているのではなく、理論の中から自分に合った方法を見つけることが大事なのです。
人の真似をしても、うまくなるわけではありません。
例えばグリップの握り方です。
インターロックグリップ、オーバーラップグリップ、テンフィンガーグリップ、があります。
手の大きさによって握り方を変えなければなりません。
一般的にはオーバーラップグリップです。
女性の場合にはインターロックグリップも有効でしょう。
プロの場合はフックやスライスを打ち分けるためにグリップを変える場合もあります。
初心者は基本だけで十分でしょう。
人から聞いた理論をうのみにするのではなく、自分に適用できることを考えてください。
インターネットの記事を読んでみると、ゴルフスイング理論が間違っていると書かれている場合もあります。
これは正しくは理論の使い方を間違っているとすべきでしょう。
理論はゴルフボールを遠くに飛ばすためにはどうすればいいかを示したものです。
あなたはその理論をうまく使ってください。