ゴルフではまっすぐ飛ばしているはずなのにスライスしてしまうことがよくあります。
初心者のゴルフスイングで注意したいのはスライスです。
ゴルフスイングの基本がしっかりとできていなためにボールに不要な回転が付いているのですね。
ドライバーで遠くまで飛ばすつもりでも、スライスになれば思いもしないところに飛んでしまいます。
もちろん、初心者を卒業した人でもスライスには悩んでいますから、初心者は基本をマスターすることを考えましょう。
スライスになってしまう人の場合、クラブを変えても治りません。
初心者の内はクラブのせいにしたがるのですが、スイングを矯正しなければならないのです。
これまでの基本を説明しましょう。
ブリップをしっかりと握ります。
ここで注意しなければならないのは右手ではなく左手の握りです。
利き手が右だとどうしても左が疎かになってしまう傾向にあるのです。
それから、手でボールを打つのではなく、体全体で打つことを心がけましょう。
腰のひねりでボールを飛ばすのです。
フォロースルーも大事です。
打ち終わった後、ボールを置いていた位置から目を離してはいけません。
ドライバーはアッパーブローで打ちます。
残念なことに、この方法ではスライスになってしまいます。
クラブは柔らかく握り、右手での手打ちをイメージします。
フォロースルーはボールの飛んでいく方向を見ます。
ドライバーではアッパーブローではなくレベルブローが基本です。
これは昔のドライバーと現代のドライバーの性質の違いによるものです。
昔のゴルフスイング理論は通用しないのです。