昨今、宮里藍選手や石川遼選手のように若くしてプロとなるゴルファーが現れ、ジュニアゴルファーが脚光を浴びています。
といえば聞こえはいいですが、そのへんの子供がよくわけもわからずにゴルフをやっているという状況が増えている、ということです。
ここにおいて、たいへん懸念すべきひとつの重大な問題が起こっています。
多くの子供が、重すぎるクラブを使っている、使わされている、ということです。
ゴルフクラブは基本的に、触れる範囲で重い方がいいという原則はあるのですがそれは大人の話です。
身体がまだできていない、非力であるに決まっている子供のゴルファーに、無理に重いクラブ、ひどいものになると大人用のクラブの寸をつめて無理やり子供用に仕立てたようなもの、そのようなものを使わせるのは言語道断です。
重いクラブを使うと、クラブの重さにスィングがついていけず、反動に頼った、引きずるようなバックスィングの癖がつきます。
右半身が伸び、クラブヘッドが垂れてしまい、オーバースィングがちな、そして振りぬいたときには反動で体が反り返るようなスィング。子供の頃に重すぎるクラブでのスィングに慣れると、それが癖になり、一生そういう打ち方になります。
だいたい、子供に重いクラブを持たせてそれなりにゴルフをやらせると、ほとんど例外なく全員がこうなります。
およそ宮里藍にも石川遼にもなれるわけがありません。
その子供のゴルフ人生を台無しにするような仕打ちといっても過言ではありませんので、子供にはくれぐれも、身体にあった軽いクラブを持たせましょう。